歯科で定期的にケアをしよう

歯科予防に取り組む

虫歯予防

歯科予防で歯周病を防ぐ口腔ケア

近年では、歯科予防に取り組んでいる医療機関が増えています。これは、虫歯になる前に口腔ケアを定期的に行ったり、身体の循環器系に悪影響を及ぼすことになる、歯周病を防いだり早期発見と治療を行うものとされています。歯周病を治療し防ぐことは、三大疾病であるガン、心疾患、脳血管疾患を防いだり、悪化を止める方法として提案されています。このことからも、歯科的アプローチによる予防医学と、抗加齢医学と呼ばれる美しい歯を維持することが定義となって、多くの人たちの健康維持や増進につながっていくことが望まれるものになります。

歯の病気を予防すること

歯が健康であることの定義は、不自由なく自分の歯で物を食べて生活ができることであります。歯は物を食べるとき、ことばをしゃべるときに欠かせない大事なものです。なるべく自分の歯で長く過ごしたいものですが、どうしても老化に伴い、歯を失ったりしてしまいます。しかし歯は日ごろの手入れ、管理により、大きく変わってきます。定期的に歯科に通い、歯の状態を調べてもらうことが大事です。歯の病気にはむし歯以外にも歯槽膿漏などがあり、予防をするためにも、歯科での診断を定期的にやり、必要に応じて治療もしていくことが大事です。

↑PAGE TOP