歯科に通うきっかけとは

普段から歯科へ行く

虫歯予防

歯科で病気を予防する

歯科では歯周病ケアを行ってもらえます。歯周病はまずはセルフケアが大切で、歯磨き、フロス、あるいは殺菌力のあるデンタルリンスを使うなどの方法があります。ただ、セルフケアを頑張っても、どうしても磨き残しは起こります。歯科で定期的にクリーニングを行ってもらうことで、取りきれなかった歯垢・歯石を除去でき、歯周病菌をしっかり減らすことができます。重い歯周病の場合にはもっと強力に歯周病菌を減らすための治療が行われたりもします。

予防歯科に対する取り組み

小児歯科では虫歯になってから慌てなくて済むように、予防に力を入れています。奥歯の噛み合わせの溝は磨きにくくて虫歯になりやすい事から、溝を埋める治療をして出来るだけ磨きやすくなるようにしています。そして「健康な歯を削らない」という事を実践しており、経過観察を続けながら対処を続けていきます。歯科では「止むを得ない状況でない限り、なるべく自分の歯を残す」という治療を行う所が多く、虫歯があるからといってすぐに抜きたがるのはあまりよくありません。

↑PAGE TOP