歯列矯正で輝く笑顔がある

歯列矯正が選べる

虫歯予防

矯正の装置の種類とは

矯正治療中につける装置には様々な種類があります。取り外し式のFKOやトゥースポジショナー、顎外装置などがあります。また、取り外し式には、マルチブラケット、また、目立たないものとして、拡大装置や舌側弧線などがあります。また、矯正の第一段階や第二段階で正しい位置になった歯並びが元の位置に戻らないように安定するまで抑えておくものとして、保定装置のリテーナーがあります。装置には様々な種類があり、それぞれ目立たないとか、取り外しができるなど、使い方を医師と相談して装着することになります。

矯正で顔の歪みを改善

歯列矯正の利点というと、素敵な笑顔になれる点がまず挙げられますが、その他にもプラスになる効果はまだまだあります。歯並びが綺麗になることで歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病はもちろん、口臭も防ぐことができます。歯列矯正をすることにより、左右の奥歯を使って食べ物をしっかりと噛めるようになるので、顔の歪みは次第に改善されていくでしょう。また、噛み癖は放っておくと顔の歪みだけでなく、肩凝りや首の懲り、体の歪みまで引き起こす可能性があります。

↑PAGE TOP