歯周病の原因と予防法とは

歯周病の原因と予防法

虫歯予防

歯周病の原因と予防法について

歯周病は、菌が出す毒素が歯茎の細胞を壊していき、歯を失う一番の原因となります。また、日本人の8割がかかっていると言われています。発症は、40代後半から出ることが多いですが、早期ですと10代でもかかる事もあります。軽度の歯周病ならば、毎日の正しいブラッシングと歯科での定期的なクリーニングで治す事も可能です。しかし、放っておくと、糖尿病や骨粗しょう症、肺炎など、一見、歯に関係なさそうな全身を損なう危険性も出てきます。歯がぐらつく、歯茎からの出血がある場合は、早めに診察を受けましょう。

上手な歯科医院の選び方

歯科医院選びで大切な事は、本当に安心して治療を任せる事が出来る医院なのかどうかを見極める事です。一般的に、歯の治療は長期に及ぶ事が多々あります。信頼出来ない医院に通い続ける事は、苦痛でしかありません。そのためには、インターネットを利用して、事前に医院の評判をチェックしておく事が重要です。院内の雰囲気や設備なども前もって知っておく事が出来るので安心です。また、いざ子供を連れてかかろうと思っても、その医院には“小児歯科”が無い場合もあります。希望する診療科目があるのかどうかも、事前に調べておきましょう。

↑PAGE TOP