歯科で手入れをしよう

歯科で虫歯予防を

虫歯予防

歯科医院でフッ素予防

自分の歯でいつまでも食事をできるようにするためにはしっかりと虫歯の予防をすることが大切です。虫歯になりにくい強い歯を作るためには定期的に歯科医院に通って手入れをしたもらうことが必要です。歯石を取ってもらって口の中の環境をよくしてもらいましょう。そしてフッ素を塗布してもらって丈夫な歯にしてもらうと予防ができます。定期的に歯科医院に行けば虫歯がないかもチェックしてもらうことができて、異常があればすぐに治療を行ってもらえます。自宅でのケア方法も指導してくれるから参考にしてしっかりと自分でも手入れを行うようにしましょう。

フッ素で効果的な虫歯予防

ほとんどの人が歯科医院にかかった時に、フッ素を塗ってもらった経験があるはずです。これは虫歯の予防を目的としています。食事の時に歯のミネラル分が溶け出しますが、唾液によって修復されます。これを再石灰化と呼び、その働きを促進するために用います。他にも予防歯科の先進国では、フッ素の塗布を歯の強化や虫歯菌の抑制のために行います。医院で使うものは高濃度ですが、濃度の低いものを使用してホームケアを行うのも、虫歯を作らないためには良い方法です。一番手軽なのは歯磨き粉ですが、ゆすぎ過ぎると効果が落ちてしまうので気をつけましょう。

↑PAGE TOP