歯科で定期的な検診を

歯科と自分自身のケア

虫歯予防

予防歯科処置とセルフケア

虫歯と歯周病は、いずれも歯科医院での治療だけでなく、その後の予防が大切になります。自分自身で行うセルフケアとして、正しいブラッシング方法を身に付け習慣化することが必要です。虫歯と歯周病は生活習慣病でもあるので、治療前と同じ生活では同じことを繰り返す恐れがあります。セルフケアだけでは限界がありますから、歯科医院における定期的な検診を受け、専門家によるクリーニングと指導を受けることが重要になります。自分では磨ききれない部分をクリーニングしてもらい、適切なブラッシング方法と食生活の指導を受け、虫歯や歯周病を予防しましょう。

虫歯と歯周病予防のセルフケア

虫歯、歯周病予防には毎日の正しいセルフケアが大切です。細菌の原因となる奥歯や歯間の歯垢をしっかり落とすために歯ブラシは少しヘッド部分が小さめのものを選びすみずみまで磨きましょう。気になる症状に合わせて歯科医院などで相談して選ぶと良いでしょう。歯ブラシはペンを握るように持ち、歯を2本ずつ磨くつもりで優しく小刻みに歯ブラシを横に動かしながら歯列を1周するように磨くと磨き残しがなくなります。また、磨きにくい部分や磨く順番を変えて磨くのも良いでしょう。歯の病気は自覚症状を伴わずに進行することが多いためかかりつけの歯科医を持ち定期的なケアをすることも大切です。

↑PAGE TOP